葬儀の平均費用

葬儀の平均費用

全国的に葬儀費用は地方によって平均額がだいぶ変わってきます。その地方によって葬儀にお金をかけるところと掛けないところがあるのですね。
日本でのお葬式にかかる費用の平均額は122万です。いくら一生に一度と言っても100万円以上の出費は高いと感じる人が多いかと思います。
生前の想い出をみんなで共有するといっても、やっぱりちょっと高額ですよね。2,3日でお通夜、告別式、火葬と続きますが実は葬儀は安くできるのです。
葬儀屋は毎日葬儀があるわけではないので、どうしても葬儀の値段を高くしないと会社の経営が立ち行かないのです。
葬儀場の建設費用や人件費の売上を上げなくてはいけないのですね。そんあ事情に理解はできますが、こちらが必要以上の葬儀費用を払う必要はありません。
しかし、葬儀という人生でたった一回のイベントですから、葬儀の相場はわからず、言いなりになってついつい高い金額で葬儀を執り行ってしまう人は後を経ちません。
お棺代金は高いところだと8万円もしますが、じつは原価はたったの8000円程度です。ちょっと利益を乗せ過ぎと言われても仕方ないですね。
飲食業は比べる対象がたくさんあるので、適正な価格がわかります。ラーメンなら500円から1000円程度。回転寿司なら一皿100円。
しかし、葬儀はその費用を比べることがないので適正な価格がわからないまま葬儀を契約してしまいます。また、亡くなってすぐに告別式の日取りを急いで決めなくてはならないので
業者のいうままに追加プランを頼んでしまうこともあります。家族も焦っているので価格をしっかりと検討する時間がないのです。
必要最低限なものがあれば葬儀はいいのですが、「ある程度の葬儀でないと故人が可愛そうですよ。浮かばれませんよ。みなさんこのぐらいのプランで葬儀をされています」と葬儀社のスタッフに言われれば「そうですね」という他ないのです。誰でも「故人を大切にしない家族」と思われたくないですからね。
お金を掛けたい方は200万でも300万でも葬儀にかければいいと思います。しかし、一般の所得の方ではできるだけ節約して葬儀をしたいはずです。
葬儀の平均費用はあくまでも平均であって、この金額を使わないといけないという金額では決してありません。ドライアイスの費用が追加になっている葬儀社もありますから注意が必要です。葬儀に必要な最低限のものが必ず含まれているプランにすれば平均費用オーバーすることはないはずです。

関連ページ

お通夜
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
告別式
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
火葬
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
通夜ぶるまい
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
返礼品
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
戒名
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
お葬式の給付制度
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
生活保護の場合の葬儀費用
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
四十九日の法要
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。